無職カードローン

無職でも借りられるカードローンはあるのか?

無職カードローン。どんなニーズなんだ?と思いきや、無職でもカードローン借入したい人はたくさんいることが分かりました。というのは、専業主婦の友達とランチしていたときのことです。「ダンナの給料が低すぎたから、私こないだカードローンを初めて利用したんだ」と彼女が言いました。「えっ!専業主婦だよね?それでも借りられるの?」と聞くと、借りられるとのこと。

無職でもカードローンが利用できるのかを詳しく調べてみました。すると、特定の銀行カードローンは「無職の専業主婦でも配偶者に安定した収入があればOK」ということが分かりました。そうなんです。専業主婦は無職の扱いになりますが、配偶者の収入があるから借りられるんですね。でも消費者金融系は無職の専業主婦でも借りられるところはありませんでした。

ということで、ここで紹介している銀行カードローンは無職の専業主婦でも借入OKなので、申込んでみてくださいね!

無職でも借りられるカードローンはこちらです!

専業主婦でも30万円まで借入OK

オススメ
金利 4.6~14.6%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • 消費者金融が保証会社なので通りやすい!
  • 専業主婦でも30万円まで借入OK
  • 最短即日利用可能!
公式サイトを見る

専業主婦でも30万円まで借入OK

オススメ
金利 9.0~14.0%
限度額 10~200万円
収入証明書 200万円まで不要
  • 不安なことを電話相談できるマネーコンサルあり!
  • 1円以上からの少額借入れOK!
  • 借入・返済コンビニATMOK!
公式サイトを見る

専業主婦でも上限なしで借入OK!

オススメ
金利 4.5~18.0%
限度額 1~500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • 「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」が選べる!
  • セブン銀行ATM手数料無料!
  • 来店不要!その日のうちに口座へ!
公式サイトを見る

専業主婦でも上限なしで借入OK!

オススメ
金利 4.0~14.5%
限度額 10~500万円
収入証明書 300万円まで不要
  • 銀行ならではの低金利
  • 主婦・アルバイトでも申し込みOK!
  • 月々の返済は2千円からOK!
公式サイトを見る

審査が通りやすいカードローンはここ

貸付実績・審査通過に定評があります!

オススメ
金利 4.7~18.0%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • はじめての方は30日間金利0円!
  • ネットで24時間借入・返済可能!
  • 最短30分で審査回答!即日振込も可能
 公式サイトを見る

「審査が通りやすいローン」を調査しました

ようこそ「無職でもカードローン」にアクセスしてくださいました。これまで、お金が必要な方のために、たくさんのカードローン申込みサイトを作ってきました。その中で、フリーターの方が自分のことを「無職」と思いこんで審査に対して不安に感じていることが分かりました。また、審査が通りやすいところと通りにくいところがあることも分かりました。

せっかく審査に申込んでも落ちたらガッカリですよね。。しかも自分が無職だと思い、勤務先欄を適当に書いてしまって審査に落ちたなんてことも。そうなんです。最初は掲載できるカードローン商品は全部掲載していましたが、審査に落ちる方もいました。審査に落ちた方の気持ちを考えるとお気の毒で。「だったら無職でも審査に通りやすいローンを厳選して紹介しよう」と思い、審査通過率の統計を取って審査に通りやすい確率が高い商品をはじき出しました。しかも無職でもお金が借りられるカードローンに限定。

審査通過率を掲載することは大人の事情でできないのですが(涙)、ここに掲載しているカードローンは自信を持って「無職でも審査に通りやすいカードローン」として紹介できます。ぜひ、ご利用ください。審査に通ることをお祈りしています!

無職のカードローン審査について

色んなカードローンの申込みサイトがありますが、審査に通りやすくするために「3社同時に申込んでみてください」とか書いてあることがありますが、あれは絶対にダメです。

複数の申込みは同じ信用機関に信用調査が集まるので、信用機関にバレバレなんです。そうなると逆に審査に落ちてしまいますので、必ず1社だけに申込みます。その審査に通らなかったら次に申込むのが正解です。

あと、借入額を少しでも多くするために、収入欄にちょっと多めに書くこともよくあるケースみたいなのですが、これもやめて正直に書く方がいいですね。収入証明書が不要な額以内の借入なら、ちょっと多めに書いても・・・という気持ちも分かりますけどねw

そうなんです。審査に通るコツをまとめると、「ウソを書かないこと」。これだけです。審査に通りやすいカードローンはこちらで紹介しているところで間違いないので、あとはご自身のウソのない申告だけです。こちらでコントロールできることはないということです。肚をくくって申込むだけです!

無職カードローン物語

2008年9月、俺は無職になった。

大卒後、大手銀行で半沢直樹よろしくキャリアを積んで証券会社にヘッドハンティングされた俺はバリバリと仕事をこなしていた2008年夏、サマードリーム。あの夏。しかし突然の(いや、突然ではなく、病気が体を蝕んでいくように見えないところでジワジワと負債のスパイラルが巻き起こっていたんだわ実は)リーマンショックで職を失った俺は、路頭に与沢よろしく独りぼっちで放り出されてしまった。

与沢…?いたよな、羽振りの良いヤツが。「俺の1秒、お前の一生」みたいなスローガン掲げて。バイザウェイ。俺が勤めていた証券会社が大量に購入していたリーマンブラザーズ関連の株が紙切れ、いや今は捨てるという行為もできない、ゴミ屑にもならないただの0と1が連なった何の意味もないデータになってしまった。

バリバリ仕事をこなしていた俺が、あの日を境に突然無職になり、することがなくなってしまった。1000万円を超える年収を得ていた俺は、都内にささやかではあるがマンションを購入したばかりだった。マンションのローンをこれから払っていく、正にそのタイミングでのリーマンショックだった。俺は叫んだ。「リーマンのアポーーーーーーー!!!」

突然の無職は、案外良かった。朝は好きなだけ寝ていられるし、ひらけポンキッキがゆっくり見られるなんて最高だ。めざましテレビの最後にカトパンが「今日も元気に、行ってらっしゃい!」と言ってくれる最後まで見られるし、小倉さんに「おはよーございます!」と挨拶できて最高だった。

でもそれも数日間。無職を満喫した俺は、とうとう次の仕事を探すことにした。しかしリーマンショック直後、俺の得意な金融の仕事の需要はなく、公園でフロムエーを読み漁っていた自分に気づいたときは、とても、とても切なくなった。先払いしてからキャッシングしたのは付け足しておいて良さそうだ。

いきなりコンビニバイトに格を落として「いらさいませ~」「あざーした」のような軽い接客ができるわけもなく、日々フロムエーと向き合っていた。そうこうするうちにお金がなくなり、「無職でも借りられるカードローン」を検索するようになった。

「俺は無職だ!無職なんだー!」という劣等感。ネットで調べて分かったが、バイトをしていれば無職とは言わないらしい。バイトをし出しても給料日までは1ヶ月あるワケだ。それまでのお金がないので今すぐ借りたい。借りたいがバイトをしていないといけない。ということでコンビニバイトの面接に行き、次の日からフリーター人生が始まることになった。

コンビニバイトが決まり、これで無職をとりあえず脱出した俺は「無職カードローン」や「審査が甘いカードローン」で検索したりして、今の俺にピッタリなカードローンを探しまくった。そこで行きついたカードローンは銀行カードローンだった。消費者金融系は確かに魅力だが、金利が高い。フリーターの俺には低金利が何よりの魅力だ。

無職は主婦にも当てはまるが、配偶者の安定した収入があれば上限金額は低いものの、借入できるということも分かった。俺はバツイチ。実は。そういえば離婚したのも妻が俺に内緒にしていた借金だった。その借金を今度は俺がすることになるとは皮肉なものだ。

話を戻そう。コンビニバイトという立派な職に就いた俺は、早速銀行カードローンの審査に申込んだ。平日の午前中だったので、昼を過ぎたころに審査通過の連絡の電話があった。次に、コンビニバイトの職場に確認電話があり、そつなくその電話に出て対応。

そして数分後、メールで本審査通過の連絡があり、管理画面から30万円以内の借入申込みができるようになった。しかも即日振込み。申込んだ瞬間に、指定口座にその金額が振込まれる。何と便利なシステムだろう!このカードローンってヤツは!

ということで、無職(実は無職ではないフリーター)の俺でもカードローンのお世話になり、今は幸せなコンビニ店長になって社畜と化している自分にOKを出しているんだわ。

審査が甘いカードローン物語

静かな夜明けだった。牧は昨日のカードローン会社とのやりとりを静かに思い出していた。そう、牧は通りやすいカードローンを検索し、片っ端から審査に申込んだのだが、結果は散々なものだった。「なぜ俺は審査に…審査に…!」と口に出そうとしたが、言葉を飲み込んだ。言霊というものは実際にあるという。

審査が通りやすいというのは、あれは偽りだったのか?牧の落ち度はなかった。審査申込みの項目に記入した内容も完璧だった。会社員28歳、独身、住所不定。どれがおかしかったのか。この時点で牧は気づいていなかった。住所不定だと審査に落ちてしまうことを。

住所欄には「不定」と記入していた。しかしこれには理由があった。牧は会社員だがFXで大儲けしたため、現在ホテル暮らしをしている。スイートルームを転々として、毎日を優雅に送っているのだ。しかしこの事実は社畜としての彼の心もちとしては贅沢すぎるものだった。

話を戻そう。牧が審査が通りやすいカードローンに審査申込みをしてダメだった理由は笑覧していただけただろう。しかし彼がカードローンでお金を借りる動機がどこにもないではないか。それに、FXで大儲けして毎日スイートで暮らしているというのに、社畜。このアンバランスなバランスはデジタリアンが朝食を摂っていない限りできないと言っておこう。

まず、牧の職業は会社員ということだが、これほど曖昧な言葉は他にあるだろうか?少なくともパート・アルバイトではないということはプロファイリングすれば分かる。しかし分かるのはそこまで。社畜というほどだから、起きている時間のほとんどをその会社に捧げていることになる。ということは今流行りのブラック企業?残業手当が出ない?カトパンが2015年9月で退社?カトパンは良い。物凄く。

何を隠そう、牧の勤務先は東京都渋谷区のサイ○ーエージェソトだ。最近はASP事業に参入したことで、業界からは非難轟々という。確かに、代理店でありながらASP事業もやるとはけしからん。なんばけしからん。牧は焦っていた。今後この会社はどうなるのか。儲かっているのは事実で、社長は六本木一丁目駅3番出口より徒歩1分、溜池山王駅13番出口より徒歩1分の処に住み、贅沢の限りをしている。

「俺も社長のように贅沢したい!」この気持ちが牧を突き動かしてきた。そしてFXで爆発的に稼ぎ、今スイートルームを転々とできるようになったというワケ。しかしもう1つの疑問が残る。なぜ彼は審査が通りやすいカードローンで借りたかったのか。お金は十分にあるのにもかかわらずだ。

もうお分かりだろう。

牧はバカなのだ。儲かっているのに借りるヤツがあるか。そんなヤツは豆腐の角に頭をぶつけて氏んじゃえばいい。しかも「住所不定」とキた。この果てしなく広がる牧の矛盾ワールドが通りやすいローンへと駆り立てたという結論が正しい。ヴァンヘイレンの歌詞が超テキトーなのとまったく同じだ。あんなにゴキゲンでホットなサウンドでシリアス(シリウスSIRIUSではない)な内容を歌っていたらどうだ?それこそ矛盾しているだろう。

さあ、次はあなたの番だ。牧のように通りやすいカードローンを探しているなら今すぐ旅に出よう。審査という旅へ。

まずは、ここだ。

カードローンで借りるなら何を気にするか?のアンケート

もしカードローンでお金を借りるなら、次のうちどの項目の口コミを調べますか?またその理由を教えてください。(複数項目可)
「金利」「スピード」「限度額」「返済日」「土日でも借りられる?」

これら5つの項目以外で「この情報は調べる」というものがありましたら、その項目名と理由を教えてください。


「金利」を検索します。 なぜなら、より金利が低い方で借りたいからです。 借金する金額は、少なければ少ないほどよいと考えています。

カードローンでお金を借りることはないと思いますが、もしあるなら一番気になるのは「金利」なので、そちらを調べます。 最終的に「いくら返さなくてはいけないのか」を知らないままお金を借りるなんて怖過ぎるので、この項目は外せません。

「金利」とにかく低金利で借りられることを目指したいから。 他に調べることとしては、最低借入額です。この金額が低くなっていないと、手軽に利用することが出来ないからです。

私だったらまずは「スピード」について真っ先に調べます。審査から実際にお金を借りるまでの時間や日数が長いと借りる気にはなれません。

「金利」
理由:できるだけ安く借りたいので、必ず調べます。

「限度額」
理由:知らないと後で困りそうなので。

「返済日」
理由:知っておかないといけないことなので、必ず調べます。

「土日でも借りられる?」
理由:借りたい時が平日とは限らないので、必ず調べます。
上記以外の項目で特に調べたいものは思いつきません。

お金が必要でカードローンで借りようとするときは、切羽詰まっているものです。 このため、審査がいかに早く終わって融資が受けられるか、そのスピードが重要です。 検索する場合、「カードローン、」、「スピード」に加えて「審査」ということになるでしょうか。 急ぎの場合、金利や限度額はさておき、何よりもまずスピード、これが切実です。

計画的に返済するために「金利」については必ず調べます。しかし、一番気になるのは「審査基準」や「必要書類」です。自分のスペックでも融資可能かどうかは申し込む前に見当をつけておきたいし、審査に必要となる書類はできるだけ少ないほうが好ましいものです。

「スピード」
カードローンでお金を借りるという状況になったら、おそらく早くお金を必要としている場合だと思います。 お金が必要になるまでに時間があるのであれば、銀行のローンや様々な制度へ申し込む猶予があると思いますが、それすら無い状態であれば、一刻も早くお金が借りれることを重視すると思います。

また、項目にはありませんでしたが「家族に秘密にできるか」という項目も重要だと思います。 やはり、お金を借りるという行為は人には内緒にしておきたいですが、どうしても郵便のやりとりなどが必要となるとバレてしまうことも考えられるので、口コミで知れるなら知りたいです。

絶対に金利です。借りること自体本当は抵抗があるのでせめて返済する金額は抑えたいです。

「金利」について調べます。各店舗の金利がどのような設定になっているのか気になるからです。

「金利」と「限度額」
「金利」は少しでも安いところで借りたいので。 「限度額」枠が大きければ借り換えも検討できるので。

「限度額」
自分が一体、今いくら借りられるかというのが一番気になります。

金利を第一に調べます。 スピードよく借りても、金利が高いと返済が苦しくなると思うからです。 返済日も大事だと思います。けど、返済日が給料日後だからといって、金利が高かったら、返済するのも苦に思えてきそうです。

「限度額」を調べます。どのくらいまで借りれるかが、一番気になるからです。

「金利」:当然調べます。返済金額に関わってくるため。
「限度額」:いざ借りるとなれば知りたい情報です。
「返済日」:返すにあたって必要です。

金利です。やはり借りる時に一番気にします。審査基準です。通らなければ意味がない。

「金利」です。金利によって返済額が決まってくるわけですから、返済可能な金利かどうかが一番気になります。

「スピード」「土日でも借りられる?」です。 その理由は、カードローンでお金を借りる時は今すぐ手元にお金が欲しい時なので、金利等よりも早さと、休みの日でも利用できるか?が重要です。

もしカードローンでお金を借りるなら、私は「金利」「限度額」の項目の口コミを調べます。その理由は、「金利」は一番気になるから、初めにチェックしておきたい、また、「限度額」もどのくらいまでOKなのかチェックしておきたいからです。

金利です。理由は借金をする場合一番気になるのが金利だからです。色々な金融会社の金利を調べてから、一番安い金利の金融会社を選んでそこを利用します。借金をいつ返済出来るか解らない状況ですと、やはり金利で決めるのが良いと思います。

金利。 やはりカードローンの金利は高いというイメージがありますので、お金を借りるには金利を調べますね。

調べる項目は、「金利」「返済日」です。 急に入り用があってのカードローンだと思いますので。 今までカードローンの経験がないので、どれぐらい待てば現金が手に入られるかを探すと思います 。その場合は、よく分かりませんが、キーワードにすれば「即日」になるのでしょうか。

お金を借りるのに一番気になるのが金利なので「金利」と「低い」で検索すると思います。

主婦なので、限度額と利息を重視します。

金利です。 やはり、少しでも金利の低い方が長期的に見て心理的な負担も少なくて済むと思うからです。

私は、金利です。 やはり、返済していく上で、どれくらいの利息を支払うのかを一番に考えますので、ローン会社の金利の口コミを調べます。

スピード。 突然お金が必要になったときに、すぐに借りれないと不便だから。 借り入れ審査も簡単かどうか調べたい。

私が調べるのは、スピードと返済日です。 カードローンを利用したい時というのは、早急に現金が必要な時なので、金利よりもスピーディさを優先すると思います。 とは言え、返済可能かについては急いでいても考えます、目安として返済日は知っておきたいので調べると思います。返済日次第で他社を検討する場合もあります。

金利、限度額。 他には、返済期日をどのくらい過ぎると取り立て申請がくるか。

金利です。やはり返済する以上はなるべく金利が低いほうが返しやすいからです。

「金利」が一番の問題です。 返済をするのが大変です。後で返す時の問題が発生するので、実際の返済額が大切な原因になります。

「金利」です。 その理由は、カードローンの場合借りる金額も大きくなるので、金利0.1%の違いでも利息がけっこう違ってくるからです。

スピード。急な出費がある時に便利だから。他はATMが近くにあるか。キャッシングや返済をする時に便利だから。

金利を調べます。 理由は、少しでも返済額を減らしたいからです。

借りられなければ金利が安くても借りることができないので「限度額」をまず調べます。

「金利」です。 理由→借入する金額にもよりますが、利息が少ない方が早く返せるため。

金利です。 私はガードローンをしたことがありません。もしカードローンでお金を借りるなら、一番気になるのが金利だと思います。他の項目は、金利に満足してからの項目な気がします。これら5つの項目以外で「この情報は調べる」は、会社自体の口コミです。どんな対応をされるのか気になります。

一番重要なのは、金利です。いくら借りてどれたけの期間で返し、その場合全額でいくら払うことになるのか。 何パーセントと記載があるけれど、実際の計算がわかりにくく、その点が一番不安だからです。 あとは、少しまとめて返せる場合の返し方と金利の変化ですね。

限度額と返済日です。限度額については、たくさん必要な時に使えるように。また、最低限度額を把握しておくために。返済日については、自分の借りたお金を返済日までに戻すことができるかどうか把握しておきたいからです。

土日でも借りられるかが気になります、働いているとお金を使いたいのはだいたい休日なので、そこは調べたいです。

「金利」
理由:高額な金利を請求されると怖いから。それ以外に調べることは特にありません。

カードローンを利用する際に重視するのはやっぱりスピードです。申し込みをしてからなるべく早い時間でお金を手にしたいからです。またお金が手元に早く届くことによって安心感を得たいと思っています。

もしカードローンで借りるとすれば、やはり「金利」が気になるので、一番に確認するために口コミを調べると思います。 それから、もう一つは「スピード」ですね。かなり切羽詰った状況だと思うので、次に重要な項目かと思います。 しいて言えば、後は、その会社の「ブラック度」ですかね。悪質な会社がどうか口コミで確認すると思います。

カードローンでお金を借りたい時は、すぐにお金が必要な時だと思うので、まずは「スピード」を調べます。そして、返すことのできるまでの日にちを考えるので、次に「金利」を調べると思います。

私は以前借り入れをしたことがあるのですが、やはり切羽つまってる時に借り入れをするので、なによりスピード重視でした。 でも、なんだかんだいって結局は時間がかかったりすることがあったので、スピードを売りにしててもあまり宛にならなかった気がします。 しかし、実際一番大事な金利などよりスピードを重視する人がけっこういるのでは、と思いました!

最も重視する項目は「金利」 カードローンは銀行系・信販系・消費者金融に分けることができ、利用の方法などによっては信販系が消費者金融より高利なこともあります。そのためキャンペーンや得点などをネットで調べてから利用するのが良いでしょう。 私の場合は「急を要する」こと以外には使わないため、銀行系のカードローンに加入し、年間の基本料などはありません。 「スピード」や「土日でも借りられる?」などの項目を重視する人は、急な遊興費や交際費などの出費があると想定します。それらの人を対象にする場合は、「○日以内の返済は金利○%」などの項目を参考にすることがあると思います。

もしカードローンでお金を借りるなら、次のうちどの項目の口コミを調べますか?またその理由を教えてください。(複数項目可) 「金利」「スピード」「限度額」「返済日」「土日でも借りられる?」 「金利」やはり借りたお金より、返済金は多く返さなければ ならないものなので、きちんと調べます。 これら5つの項目以外で「この情報は調べる」というものがありましたら、その項目名と理由を教えてください。 項目名「企業の大きさ」 やはり消費者金融と言っても、名の知れた大きなところは 安心のような気がします。なので知名度や銀行ローンなのか などを調べます。

一番優先的に調べるものは金利です。差があるのなら少しでも安く借りたいので。 2番目に借りる会社の評判です。怪しい会社だったらいやなので。 3番目に土日でも借りれられるかです。平日借りる事はまずないので土日でも借りれるところを選びます。 4番目にスピードです。時間がかかるのなら意味がないので。 5番目に返済日です。自分の返せる能力と返済日があまりにも差があるのなら考えます。 最後に限度額です。多額の借り入れはまずしないのでここはあまり考えません。

金利です。昔もっと消費者金融の金利が高かった頃、返済に苦しんだことがありました。それがトラウマになっていて、まず金利は確認します。 審査についても調べます。いくつかローンを利用しているので、断られるのではと心配になるため、事前に通りやすさについてネットで検索したりします。

カードローンでお金を借りるなら、私はスピードを重視します。 急ぎ必要になった時にお金を借りることを思いつくからです。

金利:少しでも負担が少ない方が良いため
スピード:緊急で金策するため、少しでも早い方が良い
限度額:金額が多いに越したことはないため。

金利はもちろん気になるので調べたり比べたりします。 家族に知られたくないので、コンビニで返済出来るかどうかも必ず調べるポイントです。

「金利」借りても、返していけるか心配なので、1番気になるのは、自分にあった金利です。

女性限定:女性の方で収入が無い場合。
低所得者:所得が少ないのに借入できるのか。
過去に事故歴有り:事故歴が有るけど借入したい。

スピード。すぐに借りたいからです。
限度額。借りたい金額が、借りられるのか知りたい。
返済日。給与日の後だと返済しやすいので。

「金利」と「返済日」を調べます。 「金利」は、借入金に対して自己負担がどれくらいになるかが気になるため。 「返済日」は、給料日にあわせて指定したい為です。

私が重視するのは金利です。 最近では時間問わず申し込みができるところが増えてきています。 似たり寄ったりなサービスが立ち並んでいる中で私が重視するのは金利になります。 大手の消費者金融であれば、だいたい一緒ではありますが、中小であれば金額ごとの差が出てくることがあります。 比較する上で自身の使いたい限度額と合わせて金利を確認するようにしております。

金利をやはり優先にみます。色々なローン会社を見比べて一番安い金利の所でお金は借りたいから。少しでも利息をおさえたいから。 スピードもみます。審査に1週間もかかるような所では緊急を要していることが大半なので意味がありません。 無金利の日にちがあるような場合はそれを一番優先しています。早めに返せるような金額だったときに利用しています。

「金利」と「返済日」の二つです。 金利は低金利なところで借りたいし、返済までなるべく時間がある方がいいので・・。

金利は必ず調べます。お金を借りるにあたり、返済の計画に関わる重要な要素であり、金利を調べないでお金を借りるなんて、ありえないです。 また、もし急なお金が必要になった場合は、どこが一番融資までの期間が短いか、スピードも調べると思います。

まず「金利」がどの程度かしらべ、一番低いところで借入れする。 何処で借りることができるかを調べる。自分の勤務先周辺など、生活圏内にないと不便。

やはり「金利」ですね。 カードローンはどうしても金利が高いものですし、 お金がないからお金を借りたいわけで。 とすると、やっぱりいかに金利を安く借りられるかが大切になってくると思います

「返済日」です。 やはり給料日との調整が一番重要になってしまいます。 出来るだけ月末になるよう、そこを最重視して探します。

「土日でも借りられる?」です。いざお金に困る時には土日にかかわらず助けられたら有難いです。

金利を重視します。お金が無くて借りるのに、なるべく返済に負担のかからないようにしたいと思っています。

「限度額」
自分と同程度の収入でどれくらい借りられたか知りたいから
「土日でも借りられる?」
利用したいタイミングが休日になることが多いと思うから
「在籍確認」
在籍確認のタイミングや、対応について気になるから

第一に金利、次に返済日、あと土日でも借りれるかです。 理由は、金利が高いところからは、その分返せるのか不安なので極力借りたくないです。できるだけ借りた分だけ返したいというのがあるので。 同じ理由で返済日も気になります。あまり長く借りていたくないので。まとまったお金ができたらすぐ返せるようにしたいです。 土日に借りれるのかは、予定等がはいるのが土日が多く、たとえば結婚式なども土日が多いですし、急に必要になったとき土日に借りれないと困るからです。

「土日でも借りられる」
突発的にお金が必要になる場合、土日祝日にも関わらないというのが安心できますから… その他の項目として、主婦でも借りられるといううたい文句があれば検索します。本人に一定の収入がなければ無理なところばかりなので例えば「ふじぎん」かなり検索しました。

金利と限度額は、各社で違いますし必要な事なので必ず調べます。 あとは、審査の通りやすさを調べます。申し込んでも何社も通らないことがあり、途方に暮れたことが有ったのでこれに関しての口コミは全部を信じる事は出来ませんが、一応は調べて比較的通りそうな所を検討すると思います。

口コミで検索重視する検索事項
金利…金利が一番ローンするときに重視すべき点だとおもうから。1%の差が大きいので確実にチェックします。
スピード…即日なのか数日かかるのかは会社によって違うので確実にチェックする。いつ必要なのか至急なのか時間に余裕があるのか考えた上で借入を計画するため。
返済日…返済日のシステムが会社によって違うので返済日のシステムを確認してから検討します。

スピードは調べます。理由はカードローンを申し込む時点で切羽詰まってる場合が多いし、急ぎでなくても、利用するも決めている時ははやく利用して安心したいという精神状態だからです。 一応金利も気にはしますが、大抵の場合は 金利が高くても利用してしまうのではないでしょうか?

「金利」で検索します。少しでも金利が安いほうが良いので。また、金利も安くて、人気のあるカード会社を知りたいから。

金利と返済日を調べます。理由は、お金を用意(返済)できる日に合わせて借入をしたいと思うからです。

金利:毎月の金利を見ないと不安。
返済日:予定を立てたいので。

・金利
理由:金利が何%かによって返済額が変わるため
・スピード
理由:いつまでにお金が借りれるか知りたいので
・借入理由
借入の理由で制限があるものがあるのか知りたいので
・審査期間
いつ返事がくるのか知りたいので

限度額と金利は調べてくらべます。 限度額は自分の希望額に満たないなら借りないという事も検討します。 金利はなるべく低いところを選びます。

「返済日」です。 借りるのは助かるのですが、その後の返済の事をしっかり考えていないと不安なので。

私がもし借入を行うとしたらこの中の優先順位は上から
スピード
土日でも借りられる
返済日
限度額
金利
ですね。 実際に借りたくなる時というのは急な出費で必要な時が多いのでスピードが一番です。 次に自分の給料日と相談して計画的に借りたいので返済日を 限度額は大体希望額が小さい事が多いのであまり気にしません。 金利についても高額を借りる事は無さそうだしすぐ返すつもりなのであまり気になりません 他に調べるとしたらよくあるおすすめランキングみたいなのを見て業者によるメリット・デメリットを調べながら利用すると思います。